マグネット印刷についての情報が満載です!

このサイトでは、マグネット印刷の概要と利用することによるメリットを紹介します。
この印刷法は薄いプラスチック板の裏面に、同じような形状にくりぬいた板状の磁石を取り付けて作るのです。
背面が磁石なので、引き付ける磁力を持つ鉄やアルミなどに簡単に引っ付けることが可能になります。
好きな形や大きさに加工できるので、特に自宅では大切な予定を書いた紙を貼り付けるときに用いられるのです。
色々なところに貼り付けられる効果を利用して、様々な場所で活用されています。

マグネット印刷の宣伝効果とメリット

マグネット印刷の宣伝効果とメリット マグネット印刷のメリットの磁石に貼り付けられる特性を利用したのが、車や電柱に貼り付ける宣伝効果が挙げられます。
このマグネット印刷のメリットは、事前に注文の内容を伝えておけば好きなデザインだけでなく大きさや形を設定できることです。
これまで宣伝用として車や電柱に貼る際には、テープもしくは直接塗料を塗ってデザインする必要があります。
これらの場合は施工しやすい反面として、利用価値がなくなった時に処理するのが難しいという欠点があったのです。
その点マグネット印刷は、プラスチックの板にデザインを印刷しそれを貼るだけです。
利用価値がなくなった後は回収しやすいだけでなく、貼り付ける場所を傷つけるリスクがないので再び利用することが出来るメリットがあります。

マグネット印刷にはいろいろな効果があります

マグネット印刷にはいろいろな効果があります 広告媒体にはさまざまな種類があり、マスコミや広告折込、看板広告などその種類は多いです。
いろいろな媒体があり、自社に合ったものを選択すればよいのですが、費用対効果などの観点から考えると何かと検証するのは難しいでしょう。
年々増加しているインターネット広告の場合、新しい顧客の獲得単価が高くなっていて、今後も更なる価格の上昇が予想されています。
価格高騰は競争の原理でもあり、これまでインターネットを活用していなかった業種業態なども含めて、今までの顧客重視や紹介営業などの販売活動で経営していた会社が頭打ちになっていき、インターネット広告に対する進出も進んでいます。
このような状況において、リスティング広告の単価が高くなっていますが、新規獲得や既存顧客の囲い込みなどについて注目を集めているのがマグネット印刷による広告です。
マグネット印刷は保存性の高さに優れていて、さまざまな業界において広告として活用されています。
水道会社広告などが代表的でしたが、今ではさまざまな業種に浸透しておりリピート配布が増えています。
既存顧客のリピート率の向上を目的にして、チラシからマグネット印刷広告に変更する企業もあり、配布することでリピート率の向上を得ることが可能です。

マグネット広告に関する情報サイト

効果的なマグネット印刷

新着情報

◎2020/11/13

効果があるからニーズも高い
の情報を更新しました。

◎2020/9/3

効果はチラシと比べてどう?
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「マグネット 効果」
に関連するツイート
Twitter