マグネット印刷についての情報が満載です!

マグネット印刷の効果と作る意味

マグネット印刷の効果と作る意味 マグネット広告はチラシによる宣伝よりも、費用が高額になることから利用する意味があるので悩む人も多いです。
しかしマグネットにはチラシにはない様々なメリットがあるからこそ、宣伝材料として利用する人は多いことは明らかです。
マグネットは車両や冷蔵庫、ホワイトボードなと常日頃から目にする機会が多い場所に、自由に貼ることが可能であり、その分宣伝効果が高いことは間違いありません。
一般的なチラシはただの紙なので捨てられてしまいますが、マグネットは使用する用途があるので捨てられることがありません。
マグネット印刷をして配ることにより、捨てられることがなく目に留まりやすいというのは大きなメリットです。
マグネット印刷はサイズも自由に決めることができるので、小さなもので手軽に受け取れるものも多くなっています。
低コストでありながら販促効果が高く、商品や企業の宣伝に大いに役立つ存在になることから人気であり、作る意味は大いにあると言えます。

マグネット印刷の種類と手法・効果について

マグネット印刷の種類と手法・効果について マグネット印刷とは磁力を持つシート状の素材であるマグネットシートの片面に、塩化ビニールシートを貼り付けてダイレクトに文字や絵等をプリントするものです。
または予め紙や塩化ビニール素材にプリントを施したうえでマグネットシートに貼り付ける、という手法がとられる場合もあります。
ちなみに直接印刷の場合はUVインクジェット印刷やシルクスクリーン印刷といった方法が用いられることが多く、後貼りの場合はオフセットで印刷した用紙をラミネートフィルムでコーティングして合紙する方法等が採られます。
マグネットシートは磁力を持っているので冷蔵庫や車のボディ、ホワイトボード等の平らな箇所に糊やテープを使用することなく簡単に貼り付けられるのが最大の魅力です。
ただしよくポスティング広告等で配布される薄型のマグネットシートでは磁力が弱く、長時間の接触機会を持つことは困難です。
高い接触効果を求める場合はある程度の磁力を有する厚めのプレートを選択するのが賢明でしょう。
その他、マグネット印刷でよく見かけるのは片面印刷タイプで黒い裏面をしていますが、両面プリントのリバーシブルタイプを製作することも可能です。

新着情報

◎2020/11/13

効果があるからニーズも高い
の情報を更新しました。

◎2020/9/3

効果はチラシと比べてどう?
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「マグネット 磁力」
に関連するツイート
Twitter